2012年6月28日木曜日

“理科好き”を増やそう~東工大130年事業事務室の支援~①

6月26日の記事では“日本再生:科学と技術で未来を創造するプロジェクト”の
募集案内をご紹介しました。

昨年度まで実施していた<東工大130協賛事業>でも、さまざまな理科教育振興イベント等への支援を行ってきました。

その中からいくつかご紹介したいと思います。今回の日本再生:科学と技術で未来を創造するプロジェクトは東工大基金事業ですが、応募を検討中の方はぜひご参考になさってください。


今日は平成21年に行われた「かがくでつながる人と街~清水窪小学校と東工大のとりくみ~」をご紹介します。(主催:130年事業事務室・グローバルCOE「エネルギー学理の多元的学術融合」・学生支援GP「3相の<ことつくり>で社会へ架橋する」)


@TTFアートメディアルーム



平成21年12月7日~19日まで、東工大の理科教育への取り組みを広く皆さんに知っていただくために、理科授業で研究・作成したものを展示しました。展示会場へは351名の方がお越しくださいました。




 



すべての展示をご紹介できないのが残念ですが、清水窪小学校の皆さんが東工大生、東工大の先生方とともに、目を輝かせて授業にのぞむ写真の展示などもあり、理科のフシギを世代を越えて探究する姿は大変印象的でした。

期間最終日は親子実験イベントを行いました。吸水性ポリマーなどを使っての燃料電池作りなど、子どもだけでなく、大人も夢中になるイベントは大盛況でした。




協賛事業報告書はこちらよりご覧になれます。


これから夏休みを迎えます。“理科好き”の輪を増やしてみませんか?


*****7月1日より募集開始*****

日本再生:科学と技術で未来を創造するプロジェクト―ものつくり人材の裾野拡大支援―

小・中・高校生を対象とした知的創造性を育む活動やイベント開催に対して補助を行います。(審査あり)

東工大基金を活用して、皆さまの活動を支援します!

詳細はこちら→ http://www.130th.titech.ac.jp/cgi-bin/event/index.cgi