2011年3月16日水曜日

「ロケットガール養成講座」第4弾 決断

件名:「東京チーム参加中止について」


3月14日にメールが届きました。


130年協賛事業として応援してきた「ロケットガール養成講座」。


それを受けて、ものつくり教育支援センターでは、今週末の大島での打ち上げを控えた3基のロケットを囲んでCREATEのIさんとT先生が対応について打ち合わせをしていました。

高校生による東京チームは参加中止ではありますが、一緒に打ち上げを行う予定であった大学生達は、海外からのプロジェクト参加チームとの関係もあり、まだ打ち上げの可能性を残していました。



その夜、Iさんから私宛にメールが入り、今週末の打ち上げが全面中止となった旨の連絡がありました。
事務局からの中止連絡文の転送に加え、Iさんから、以下のようなコメントが添えられていました。


==
投票で大島行き反対が多くて安心しました。
考えるとリスクが高すぎる・社会情勢悪い
各イベントが全て中止になっている状況で行くほどの理由にならない。
いつになるかわからないが次のチャンスもあるはず。
賛成の人がいたら反対の説得をしようと思ってました。
==




状況を考えたら当然のことかもしれませんが、ここまでの彼らの苦労や高校生の想いを考えると、とても残念な判断であったに違いありません。

しかし、彼らの判断は冷静かつ適切なものでした。
Iさんを始め、東工大でロケガを支援していたCREATEの皆さんの素晴らしさを改めて感じた出来事でした。


いつの日か、2010年度ロケガ/ボ達の想いを込めたロケットが発射される日が来ることを信じて、今後も応援していきたいと思っています。

次回の打ち上げを楽しみにお待ちください。


3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。