2011年2月25日金曜日

「ロケットガール養成講座」第3弾!大詰めにはいってきました

さて、我が事務室で応援している、「ロケットガール養成講座」、伊豆大島でのロケット打ち上げまであと1か月となりました。

打ち上げや取材など、現地での行動に備えてのメールによる情報交換が一気に増えてきて、我々もなんとなく緊張してきました。


そして、高校生達による作業も大詰めに入り、2月20日が実質的に最終の共同作業となりました。


いつものごとく2月20日(日)に行われた作業最終日の様子を、東工大サポートチーム代表のIさんからレポートいただきましたので報告します。


-----
3月19日の大島での打ち上げのための作業日も高校生の試験,大学の入試の関係で2月20日で最終日になりました.
12月から始まったロケガの作業ですが,少ない作業日の中,この日までに完成にこぎつきました.

この日は去年まで秋田大でリーダーとしてロケットを作っていた社会人の方に来てもらいました.打ち上げに問題がないか,打ち上げに必要なことをチェックしてもらいました.打ち上げまでに万全の体制が取れるように準備をする大切な作業日でした.

前回までで調整に難航していたパラシュート開放部の動作試験もうまくいき,塗装も完了しました.
ロケットのデザインは高校生が考えたものです.
かっこ良く仕上がりました.





























最初は大学院生が全ての作業に付きっきりだった高校生が,この日には自分たちで何をするかを考えて動けるまでなったという成長が見れました.
高校生はものづくりのトライアンドエラー,大学院生も教えがいがあります.


大学院生グループもロケットを作るのですが,高校生に付きっきりで全く作業が進んでいませんでした.
高校生から見て尊敬できる先輩に相応しい機体を作るようにがんばります!
-----




















----

我々がこんなこと言うのも僭越なのですが、Iさん含め東工大の学生達も、このプロジェクトを通じて確実に成長している様子が感じられますね。^^


3月の3連休、すっきり晴れることをこれから毎日祈ってます。