2010年8月3日火曜日

東工大、今日の一枚(44)

今日の「東工大、今日の一枚」は、東工大(の敷地内)ではありません。大岡山キャンパス、西地区と南地区の間くらいの敷地外、石川町へ下りる坂の中腹にある「石川神社」です。


南7号館横の道路脇に、こんもりとした林がありますが、その林が実はこの写真にある大きな木(ケヤキか何かでしょうか?)だったって、ご存じでしたか?


ちょっと目を凝らすとキャンパスからも社殿(の屋根)が見えますが、その林に遮られて、こんなところに神社があるとは言われなければわかりません。


大学にとって、地域というのはそういうものなのかもしれませんね。


ところでこの石川神社、いわゆる鎮守の杜であり、10月には地元のお祭りも行われます。大学の目と鼻の先で、そして大学の中からは見えずに続いている人間の営為ですね。