2010年7月26日月曜日

東工大、今日の一枚(41)

大岡山キャンパス、Tokyo Tech Front(TTF、東工大蔵前会館)の屋上庭園。


今、夏の花が満開できれいです。オレンジ色の花は、おそらくオニユリですね。他にも、黄色い花、すみれ色の花があり、百花繚乱というわけにはいきませんが、賑やかです。


この屋上庭園、実は、手入れをしている雰囲気がありません。なので、ご覧の通り雑草がぼうぼうと生えています。


それでも、季節になればそれぞれの花が咲きます(結構、年間通して何らかの花が咲いています)。調べられなかったのですが、これは、「手入れ不要」の屋上庭園の実証実験をしているのではないでしょうか。手入れをしなくても毎年花を咲かせる花が選択的に植えられているような気がしてなりません。


しかも、多年草ではなく、基本的に一年草(多分)を植えているあたりが芸が細かい感じがします。


これは、東工大内のどこかの研究室がやっている実験だと思いますが、どこがやっている実験かご存じでしたら是非教えてください。


ヒートアイランド現象等の防止のため屋上緑化が盛んですが、屋上庭園も結構手間がかかるので、「手入れ不要」が実現できれば、都市の緑化に大きな貢献になると思います。

7/27 アップデート:
今日見たら手入れされていて、若干除草されていました。手入れされていないと思ったのはタイミングの問題で、必要最低限の手入れはしているみたいです。失礼しました。