2010年2月23日火曜日

東工大、今日の一枚(3)

夜の本館です。きれいにライトアップされていますが、敢えて桜の木に隠れてよく見えない写真にしてみました。


本館は、蔵前にあった東工大が関東大震災で罹災し、大岡山に移転した際に建てられました。


設計は、復興部工務課長の橘節男氏(課長…というと事務官みたいですが、東工大附属工学専門部の教授だった方です)。


本館は、昭和の名建築としてなかなか趣がある建物です。ライトアップされた姿もサマになっていますね。