2009年12月3日木曜日

「美の原点」を探るシンポが学生主導で開催!


理数学生能力発見・開発プロジェクト」…ってご存じですか?

すごく乱暴に要約すると、通常の授業や研究だけでは得ることができない理数系学生の能力をどんどん育成していこうというプロジェクトなのですが、昨年やった「万能人」のシンポジウムを開催したところ…といえば多少イメージできるでしょうか。

 

そして、彼らは今年も変わった(!?)シンポジウムをするようです。それは…、


「Birthday ~美の原点から」  


うーむ、何をやるのかすぐにはわからないですね。実は、このシンポジウムを130年協賛事業にしたいということで、このシンポをオーガナイズしている学生が当室に来てくれて、いろいろ話したのですが、かなり難しそうなシンポです、これは!

というのは、「美」についてパネラーの方の体験をいろいろ語っていただき、そこから「美の原点」を探ろうというものなのですが、これはかなり高邁かつ高度な議論が必要でしょう。学生さんが、この議論をどう収束させるのか、大変興味があります。

普通、こういうシンポジウムは、実施する前から結論の方向性は大体読めるものですが、これについては全然どうなるかわかりません。そういう意味で楽しみなシンポジウムです。私は是非お邪魔したいと思っているので、皆さんも足を運ばれてはいかがでしょうか。


<イベント詳細>
日時 : 2009年12月11日(金) 17:00-20:00 (16:30開場) プログラム詳細
場所 : 東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館2階 ディジタル多目的ホール
主催 : 東京工業大学 理工系学生能力発見・開発プロジェクト
パネリスト:矢島 床子(矢島助産院 助産師)、石井 勢津子(美術家(ホログラフィアート))、土井 美和子(首席技監(株式会社東芝))
お申し込みはこちら