2009年9月3日木曜日

すずかけキャンパス視察

9月1日の記事ですずかけに行った時の様子などを130事務室のK氏が書いてくれていますが、私は今回初めてすずかけキャンパスに行ったスタッフの一人です。

見て感じたことを率直にお伝えします。


すずかけ門が工事中のためすずかけ台の駅から15分ほど歩いて正門から入りました。




















大岡山キャンパスとは違った感じ造りでコンクリートの壁面が印象的な建物が多いですが、
キャンパス内はキレイに整備され、緑に囲まれ、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然あふれるキャンパスでした。


















暑い日でしたが、外ではひぐらしの鳴き声が聞こえて、秋の気配を感じながら歩けて心地よかったです。
キャンパス内を巡っていると結構アップダウンがあったのでいい運動になりました。(ちなみに翌日、筋肉痛に・・体を動かしていると思っていたのですが普段使っていなかった筋肉が刺激されたようです(笑))



到着してすぐに学食でお昼を食べたのですが、メインのおかずと、野菜など少しずつ入った小皿を何品かプラスできるので、栄養の偏りがちな一人暮らしの学生には嬉しいですね。学食美味しかったです。

夏休みだったので親子連れで食べに来ている人もいました。キャンパス内であった小学生対象のイベントに来ていたのかも知れませんね。























その後、総務課へお邪魔してお話しを聞くことができました。
すずかけ祭の時に近隣の農家の方に野菜を出品してもらったり、懇親会を開いたりと、近隣の方との交流を昔から大切にしている印象を受けました。
写真はJ2高層棟20階からの景色です。
下を見ると近隣住民の方の作った畑が見えます。何を作っているんだろうと気になりましたが、高さにおののいてしまってよく見えませんでした。





今回、すずかけと130年事業の企画に結び付くようなお話も沢山聞けたので、この機会を無駄にせず私たちのヒラメキが次に繋がるといいなと思います。