2009年8月27日木曜日

130事業を支える隠れたマイスター

我らが130年事業を支えて下さっている、記念史担当のO名誉教授。
記念史の編集業務に悩ましい日々を過ごされています。どんなお辛い状況でも、
いつも優しい笑顔のO名誉教授です。
そんな、O名誉教授には木工製作のご趣味があると伺っていました。
どうもお部屋(編集室)に完成した作品があるとのことで、見に行ったところ・・。




    
     おしゃれな、カントリー調のキャビネットを発見。
     使いやすそうな大きさといい、かわいらしいタイル張り
     の天板といい、これってどう見ても市販品ですよね~。
    
     
   
    
                       

ところが、これが話に聞いた「手作りキャビネット」でした。
こんなところに、隠れマイスター発見!
そして、このキャビネットにいずれ「130年記念史」が並ぶのでしょうか?
楽しみです。
                                        (U)