2009年6月23日火曜日

新図書館建築日記

オフィスの窓からは、百年記念館や本館がとても良く見えます。





通勤の時には、本館側からでなく、直接大岡山駅側からTTFに入ってくることができるので、(地図参照)あまり気にならなかったのですが、激しい工事の音で、ある日気付いたことがあります。



激しい工事の音とは、写真の左側に写っている建物、地球資料館が取り壊されている音。

今地球資料館は新図書館として生まれ変わろうとしています。




そしてふと気づいたこととは・・・





このオフィスは(もしかしたら)唯一新図書館の工事を見渡せる場所?????






本館側は、ずっと仮囲いのフェンスで覆われていて何も見えません。
これは記録の価値がある、ということで不定期ですが定点撮影した画像を掲示してみようと思います。


気づくのが遅かったので、建物を壊している風景がないのはお許しください。


昨年末、まだ地球資料館があった頃。(何も意識せず撮影)





建物の解体がほぼ終了したところ。




そして、今は更地となっています。(奥に見えるのが現在の図書館と仮囲いの壁)