2009年6月11日木曜日

130 x 飛翔 その2(打ち合わせ編)

東工大の未来を語る「130 x 飛翔」 にパネリストとして参加してくれる学生さんとの打ち合わせをしました。

学勢調査2008提言 のスタッフ代表Iさん(提言を見れば名前が判ってしまいますが)と、Tさん。
Iさんは学部4年生ですが、Tさんはすずかけ台で環境について研究している博士課程の女性です。
一見控えめそうですが、とてもしっかりした考えを持った二人です。


Iさんは活動を通じて、いつの間にかプロジェクトマネージャーになった(させられた?)と言っていましたが、人望あるからこその役割。

Tさんは、研究テーマの関係もあることから、積極的にボランティア活動などに参加しているアクティブ派。




Iさん: 「僕たちがこんな大役を務めていいんですか?」と控えめなコメント。

いいんです!皆さんが提言としてまとめたのですから!



Tさん:「大学に自分達から(メッセージを)言えるんだなぁと思いました」

言っちゃってください! 大学は学生のための場所なのですから!




シンポジウムの盛り上がりを期待させる楽しい打ち合わせとなりました。