2009年6月10日水曜日

130 x 飛翔 その1(告知編)

シンポジウムをやります。



東工大の未来を語る 「130 x 飛翔」


130周年事業の一環として行われる学生、教職員向けイベントです。
(もちろん学外の方も見学はできます)


きっかけは、学長からの東工大の将来について語るシンポジウムをやってはどうか、という一言でした。


今東工大には、学生によってまとめられた提言書 と、大学がまとめた、この先10年を東工大としてどのように挑戦をしていくか、という「東工大ビジョン2009」 があります。


学生からの視点と大学の目指す先。

この二つを軸として「東工大がどうなっているとみんながHAPPYになれるのか、そのためにそれぞれの立場でどんなことができるのか」、ということについて、どのようなディスカッションが交わされるのでしょうか...


ディスカッションは、学長ほか、2名の在校生、蔵前工業会の庄山理事、教員代表が参加します。


結論はでなくても、「創立130周年を世界最高の理工系総合大学の実現へ向けた契機にすべく、さらなる飛躍」ができるよう、教職員、在校生が一緒になって進むきっかけになれば、と思っています。